DVとは、殴る蹴るといった「行為」だけの事ではありません。

DVは「関係性」であり、力で相手を支配しようとする全ての行為・言動・思考をさします。​

虐待、ストーキングも根っこは一緒であり、広義的にはすべてDVです。
同居人に対するものがDV、別居の場合ストーキング、子供に対するものが虐待、とエフエフピーでは定義しています。

DVは人権侵害であり、犯罪です。

しかし、以前の私を含め、何故「わかっていながら」しかも「愛する相手に」暴言や暴力で対応してしまうのでしょう。

DV被害者/加害者のほとんどが、自分はDVをされている/していると思っていません。気付くきっかけが必要なのです。

加害者プログラムを卒業してわかった事ですが、加害行為をする人達には共通の思考・行動パターンがあります。
DVまでのパターンがある以上、予防・更生のパターンも必ずあります。

「DV加害者は絶対に治らない。変われない」
「DV加害者はサイコパス」
「DV加害者は人格障害者」

本当にそうでしょうか。

こういった世の中の認識が、「自分はそんな異常者ではない!」と、自分と向き合う事から逃げる要因の一つでもあったと、今の私は考えています。「モラハラ」という定義も、「自分はモラハラっぽい所はあるが、DVではない」という「隠れ蓑」的な理解になってしまう為、必要ないものであり、モラハラもほとんどがDVであると考えます。

神奈川での学びでは、見学者や取材陣からも、
「実は私も妻を叩いた事がある」
「自分の事として皆さんのお話を聞いていた」
といったお声は決して少なくありませんでした。

DVは実はうんと身近なところにあるのかもしれません。

​是非、DVチェックをして、ご自身やパートナーがDVではないか、考えてください。
そして該当するものがあれば、下記にご相談ください。

​080-5931-5540

画像著作権:NPO法人 女性・人権支援センターステップ